せっかくなら密集している方が良い | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

せっかくなら密集している方が良い

自毛植毛手術をしてもらうとき、薄毛の解消目的で行うことになるでしょう。どれくらい解消するかの目安として密度の単位が使われることがあります。数字が大きいほど、より濃い状態に仕上げてもらうことができます。

1センチ平方あたりどれくらいあるか

高度な技術を持った医師は、非常に細かい手術も行えます。体の中の血管には非常に細いもの、薄いものなどがありますが、それらを問題なく治療することができます。自毛植毛は、医療技術の一つで、治療を行う医師の技量によって大きく仕上がりも変わります。この時には密度がどれくらいになるかなどの話が出てきます。これは、1センチ平方あたりどれくらいの髪の毛があるかを見る数字になります。平均的には140本から160本ぐらいとされています。それに対して、手術によってどれくらいになるかです。必ずしも100パーセントを目指すのではなく、一定量になるようにしてくれます。

密集していないと薄く見えてしまう

頭皮が見えてくると、黒い髪の毛から地肌が透けて見えるようになります。では、透けているところに髪の毛が生えていないかといえばそうではありません。髪の毛は生えていますが、生えている量が少なくなっていることがわかります。沢山生えてくれば隙間が少なくなるので、地肌も見えなくなるでしょう。自毛植毛を行うとき、密度があまり高くないと薄く見えることがあるので注意が必要です。どれくらいあると普通に見えるかですが、80パーセントぐらいあれば地肌は透けないでしょう。50パーセントぐらいだと透けて見えるかもしれません。

髪の毛の本数の場合とグラフト数の場合

自毛植毛の治療を行ってもらうとき、できるだけ薄い部分を減らしてもらえるようにします。その時には、本数などを決めることがありますが、同じ本数でもそれくらいの密度で行うかがあります。千本でも、全体に行うときと、範囲を狭めて行うときでは大きく異なるでしょう。この時、クリニックによっては単位が少し異なる場合があります。一般的には髪の毛の本数で表示してくれます。1センチ四方で150本などです。それ以外にグラフトで表示することもあります。毛根のことを意味し、毛根一つから数本の毛が生えます。60グラフトぐらいだと、150本と同等と言えます。

まとめ

自毛植毛を行ってもらうときに、事前に確認することとして密度があります。本数だけでなく、それくらいの範囲にその本数を植えるのかも確認しておかないといけません。密集している方が薄く見えない仕上がりになります。




このページの先頭へ