クリニックを選択する上での基準になる | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

クリニックを選択する上での基準になる

医療的な治療を行ってもらうとき、できるだけ技術の高いところを利用した方がいいでしょう。自毛植毛をしてもらうのであれば、生着率が100パーセントに限りなく近いところを選びましょう。それだけ質の高い植毛をしていることがわかります。

植えた本数のうちどれくらい生えるかの率

植物の種を植えるとき、すべての種から芽が出るわけではありません。いろいろな事情で芽が出ないこともあります。種そのものに問題があることもありますし、土やその後の管理に問題があることもあるでしょう。髪の毛は、植物ではないので通常は植えたりはしません。でも薄毛の治療として、自毛植毛を行う場合があります。この時には生着率がどれくらいあるかがポイントになります。実際に植え付けをして、そのうちどれくらいがその後生えてくれるかを知るための率になります。90パーセントであれば、100の毛根のうち90の毛根から発毛したことを意味します。

各クリニックではどのように計算をしているか

アンケートや調査などを行うとき、サンプルのみのデータで全体を把握することがあります。1件や2件では全体を知ることはできませんが、一定数のデータがあると全体の様子に近づきます。すべてを調べなくても、全体の様子を大体知ることができます。自毛植毛を行っているクリニックでは、生着率の情報を提供してくれることがあります。いかにうまくいっているかを示すデータですが、植毛したすべてについて調べるのではなく、一部を調べて算定されています。1センチ四方でどれくらい生えているので、それが全体に適用されると想定した数字になります。

率を良くするのはクリニックの要素だけではない

美容クリニックで、脂肪吸引をして痩せることがあります。では一生痩せたままになるかといえば、その人の生活習慣によっては戻ってしまうことがあります。いくら脂肪をとっても、脂肪がつく生活をしていたらまたつきます。自毛植毛の手術では生着率がデータとして出されます。これを良くするには、まず医師の技術が必要です。元気な毛根をきちんと植え付けることで率をアップできます。さらには、手術を受けた人がきちんと髪の毛が成長できるような生活をすることが必要です。食事に気を配ったり、洗髪などを行うなど日頃から手入れを行う必要があります。

まとめ

自毛植毛の技術力を知るデータとして生着率があります。植毛した毛根がいかに生きているかを示すデータです。各クリニックでは、一部の状態から全体の率を計算する方法を取っています。100パーセントはあまりありません。




このページの先頭へ