他の薄毛対策に比べると気にすることが少ない | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

他の薄毛対策に比べると気にすることが少ない

薄毛対策をすると、髪の毛が増えて気分は良くなります。でもその後の負担が大きくなる場合があります。自毛植毛後の場合、他の薄毛対策に比べてその後のメンテナンスはあまり必要ないとされています。後が楽な対策法と言えます。

かつらや人工毛などに比べると楽に扱える

かつらは今はほとんど人工毛で作られています。増毛をするとき、人工毛を植毛するときなど、人工毛を自分の毛として扱っていかないといけない場合があります。その時には一定のメンテナンスが必要になります。かつらに至っては、装着する部分なども丁寧に扱わないといけないので、かなり大変になることもあります。自毛植毛後に関しては、まずは人工毛ではありません。自分の毛になります。人工毛を長持ちさせるようなことをする必要はありません。人工毛の場合伸びることがないので散髪なども大変ですが、自毛なので自由に散髪などもできます。

頭皮を健康に保ち洗髪などを丁寧に行う

薄毛になる原因としては、男性ホルモンが原因の場合、頭皮の汚れ、生活習慣による場合などがあります。頭皮の汚れは洗髪で、生活習慣の乱れは自分の意識で何とかなります。男性ホルモンのコントロールは難しいです。自毛植毛だと、男性ホルモンが影響しにくい毛根を移植するので、影響はしにくくなります。自毛植毛後には何もメンテナンスをする必要がないかですが、頭皮が汚かったり、血液に悪影響が出る生活は良くありません。男性ホルモン以外の影響が出ないよう生活をすることを心がけるようにします。すでにできているなら、問題なくできるでしょう。

植毛していない部分をチェックする

頭皮が薄くなってくるとき、完全に抜けてしまっている場合と、それほど抜けていない状態の場合があります。自毛植毛を行うとき、無いところに行うならその後はあまり気にする必要はありません。でも、あまり抜け丁寧所に行うとき、自毛植毛後にそれ以外の部分が抜けてくるかもしれません。生え際だけに植毛したら、生え際より後ろから抜け始めることがあります。メンテナンスとして、植毛していない部分のチェックをしておきましょう。もし抜け始めているなら、クリニックに相談して追加で植毛してもらうようにします。定期的に診察を受けると良いでしょう。

まとめ

自毛植毛をする人は、男性ホルモンが原因で薄毛になる人が多いです。でも、それ以外でも薄毛になることがあります。メンテナンスとして、生活習慣が乱れないようにすることが必要です。洗髪方法なども見直しましょう。




このページの先頭へ