個別に見るのではなくトータルで見る | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

個別に見るのではなくトータルで見る

自毛植毛の治療費を比較するとき、つい1本あたりの植毛費で比較しがちです。クリニックを比べるときは、トータルでどれくらいかかるのかを見る必要があります。手術費用以外の部分も考慮した方が良いでしょう。

全額自己負担の自由診療なので医療機関で異なる

病気などの治療を受けるとき、同じ病気なら大体同じ治療費で受けられることが多いです。それぞれの治療に一定の点数がつけられ、さらに保険によって自己負担が減らされています。自毛植毛の場合は、全額自己負担で治療を受ける必要があります。ですから、各医療機関で発生する費用が異なります。多くはカウンセリングは無料で行ってもらえますが、場合によっては有料で受けないといけないこともあります。そのため、事前にきちんと比較をしておかないと、通常よりも割高で治療を受けるようなことも出てきます。ホームページなどでもある程度の金額を知ることができます。

どれくらいの本数が必要で金額はいくらか

自毛植毛を行ってもらうとき、どれくらいの本数を移植するかを考えることがあります。各クリニックでは、本数当たりいくらで提示してくれているので、必要な本数にかけ合わせることで大体の費用を知ることができます。ただし、自分自身でどれくらい必要なのかを知るのは難しいかもしれません。カウンセリングに行くことで、今の状態を調べてもらって必要な本数を知ることができます。医療機関で本数当たりの金額も異なりますが、どれくらい必要と考えているかも違います。トータルで比較をすることで、適正な金額を知ることができます。

他の方法とどれくらい違いがあるかを知る

薄毛の治療を行う方法として、薬による治療があります。カウンセリングを受けた後、その人に合った薬を飲んだり塗ったりすることで改善を期待します。1箇月当たり数万円を何箇月か続けていくことになります。それ以外の方法に自毛植毛があります。薬と違って、手術を行った後は特にお金はかかりません。ただし、手術に大きな費用が掛かります。異なる方法同士を比較する時には、トータルでどれくらい違うか、効果の面でも調べておく必要があるでしょう。薬の場合は確実性が弱いこともあります。同じ病院でどちらも行っているなら、比較もしやすくなります。

まとめ

自毛植毛では、それぞれのクリニックごとに異なる料金体系になっています。治療を受けるときには、それぞれの料金体系を比較して選ぶ必要があります。本数当たり金額が安くても、必要本数が多ければ高くなります。




このページの先頭へ