切る場合と切らない場合で少し異なる | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

切る場合と切らない場合で少し異なる

自毛植毛の手術では、メスを使う方法と使わない方法があります。使う方法は切る部分も多く、その後に健康診断がある時には申告を必要とします。メスを使わないなら、直後に受けるのでなければ申告は不要でしょう。

手術を受けた時に申告が必要になる

病気などをしたときには手術を受けることがあります。手術は体の悪いところを治してくれますが、それによって体の組織に影響を与えることがあります。傷が付けば、その分血液の活動も変わります。白血球が増えたりすることがあります。自毛植毛後に注意したいこととして、健康診断がある場合には申告が必要なことです。日帰りで痛みなどもほとんどないため、一般的な手術とは異なると考えることがあります。でもこの手術でも血液に一定の作用をもたらします。ですから、異常値が出る可能性があります。どんな手術を受けたかも記載しないといけない場合があります。

手術を受けた後に一定の検査がある場合

会社などでは1年に一度健康診断があります。これは法律で決められていて、会社側が従業員に対して行わなければならず、従業員もこれを拒否してはいけません。受けるのは良いですが、その結果があまりよくないとあまりいい気分ではないでしょう。自毛植毛後に受ける場合には、問診などで受けたことを申告しておいた方が良い場合があります。それは、血液検査などで一定の数字が出る場合があるからです。そうでないと、異常が健康異常によるものと判断されてしまいます。事前に行っておくことで、手術が原因であることをわかってもらえます。

1箇月以内かどうかで判断できる場合がある

手術をした後、どれくらいで退院するかは人によって異なります。日帰り手術などもあり、その日のうちに変えることができるものもあります。手術の中には、かなり切るものもあれば、ほとんど出血のないものもあります。自毛植毛後に1箇月以内に健康診断を受ける場合、血液への影響が考えられるため申告が必要になるかもしれません。ただし、術後一定期間が経過しているのであれば、申告をする必要がない場合もあります。メスを使うタイプだと切る範囲も多いので念のため伝えても良いですが、切らないタイプであれば1箇月以上経過していれば不要です。

まとめ

健康診断では、血液検査などが行われます。手術をした後は、いろいろな項目に影響するため、申告が必要になることがあります。自毛植毛も立派な手術になるので申告をした方が良いでしょう。恥ずかしいですが、自分のためです。




このページの先頭へ