失敗と感じたならクリニックに聞く | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

失敗と感じたならクリニックに聞く

自分で何かをして失敗をしたときは自分で解決するしかありません。自毛植毛をクリニックで行ってもらって失敗の状態になったなら、クリニックに相談して対処してもらいましょう。最善の方法を提案してもらえます。

術後のケアをクリニックと相談する

自毛植毛手術を行ってもらったとき、術後すぐに結果がわかるわけではありません。手術は毛根を採取して植え付けるのみで、その後生着するかどうかは医師にもわかりません。率としては90パーセント以上とされていますが、人によっても異なるでしょうし、その人自身でも場所による差が出ることがあります。失敗例としては、術後に希望通りに生えてこないことがあります。通常であれば生えている期間が経過したのにまだ生えていない部分がある状態の時です。この場合は、クリニックと相談をしましょう。頭皮の状態や生活の状態などから、対策などを教えてもらえます。

髪の毛の中に傷跡が確認できる場合

自毛植毛をメスを使って行うとき、毛根を採取する部分をメスで切り取ります。そしてそれを植え付けます。どうしてもメスで切った部分は傷跡として残ってしまいます。失敗例として傷跡ができることを挙げる場合がありますが、この手術方法の場合であれば、高い確率で傷跡が残る可能性があります。傷が残ると言っても、たくさんの髪の毛をかき分けないとわかりません。気にしようとすると気になるが、日常生活にはあまり影響しない失敗例といえるでしょう。傷をあまり見せないように生活したりすれば、他人に見られることはありません。

理由を知っていれば自分で避けられる

自毛植毛の手術は、生着率だけを見ると90パーセント以上としているクリニックが多いです。ほとんどの領域できれいに生えていることがわかります。しかし、失敗例もあり、きちんと生えない、まばらにしか生えないなどの問題があります。これを見ると、自分も失敗するかのように感じますが、多くの人は成功しています。失敗をした人には、必ずと言っていいほど理由があるので、その理由を見つけるようにします。クリニック選びに問題があったい、クリニックが行う手術の選択に問題があったのかもしれません。その理由に該当しないように調査などをしておきましょう。

まとめ

自毛植毛の手術を受けた人の中には、失敗例として挙げられるケースもあります。失敗には理由があり、その理由を知ることで自分自身は失敗せずに済むこともあります。貴重な情報と受け止めると良いかもしれません。




このページの先頭へ