安全に植毛ができる方法を取るのが良い | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

安全に植毛ができる方法を取るのが良い

頭皮に全く髪の毛がない状態だと、自毛植毛はできません。人工毛に頼るしかありません。でもあるなら、より安全に行える自毛を使った方法を取った方が良いでしょう。自分の毛なので、副作用や拒絶反応がありません。

植毛と言っても人工とは大きく異なる

薄毛の時に髪の毛を増やす方法として、増毛であったり植毛があります。かつらとは違い、装着の手間がいりません。増毛は、今ある毛に人工毛などを結び付けて髪の毛を増やします。そして植毛は、実際に頭皮に髪の毛を植え付けて行います。自毛植毛の基礎知識として、人工毛と大きく異なることを知っておきましょう。自毛の場合は、自分の毛根を移植します。ですから副作用はほとんどありません。人工毛の場合、異物を頭皮に埋め込むことになります。そのために異物と認識することがあり、腫れたりする可能性があります。安全な方を選んだ方がいいでしょう。

薄毛になりやすい部分となりにくい部分がある

若い人の頭を見ると、髪の毛がふさふさです。おでこの上のあたりから首筋、耳の部分などにかけてびっしり生えています。そのために、すべての髪の毛が同じように生えているように感じます。実際は、薄毛になりやすい部分が存在します。それに対して、あまり薄毛にならないところも存在します。自毛植毛の基礎知識としては、薄毛になりにくい毛根を薄毛になりやすい部分に移植する方法になります。後頭部などは薄毛になりにくいとされていて、前頭部や頭頂部の薄い部分に移植をすることで、ふさふさにすることができる仕組みです。

植毛した毛根に寿命があるのかを知る

体は長く使っていれば老化をします。病気などになり、最終的には死ぬことになります。これは誰にでも起こることなので、死から逃げることはできません。でも、寿命を長くする努力をすることはできます。髪の毛が薄くなったとき、もう少しふさふさの状態でいたいと考えるでしょう。その時は自毛植毛を行ってみましょう。これによってふさふさになる可能性があります。基礎知識として、植毛した部分の寿命がどうなっているかです。植毛された後も、後頭部から移植したなら後頭部の毛と同じくらい生え続けてくれます。後頭部も抜けるようになると、抜けてくることはあるでしょう。

まとめ

髪の毛はすべて同じ様に生えているわけではなく、生え方や生える方向もバラバラです。さらに、薄毛になりやすい部分となりにくい部分があります。自毛植毛では、なりにくい部分から移植するので薄毛の解消ができます。




このページの先頭へ