腫れを抑える程度なら休暇などを活用する | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

腫れを抑える程度なら休暇などを活用する

自毛植毛の手術を行うと、腫れたり赤みが残ったりします。ばれたくないなら、一定期間会社を休むのが良い方法です。年末年始の休暇と有給休暇を組み合わせるなどすれば、腫れを引くのに十分な期間が取れます。

少しずつ行ってもらえばわかりにくい

自毛植毛の手術は、場合によっては数時間もかかる大変な手術になります。毛根を一つずつ採取し、それを植え付けます。数百のこともあれば数千のこともあるので、非常に時間がかかります。ただ、1回で多くの移植をしてもらえれば、負担はその時だけで済みます。もし、ばれないことを最優先するなら、少しずつ行ってもらう方法があります。最終的に千株を移植するとき、100株ずつを10回行うなどです。そして期間を一定期間開けます。クリニックによっては対応してくれるところもあるでしょう。費用としては、通常よりもかかる可能性が高いです。

カウンセリング時に医師に希望を伝えておく

薄毛の人が解消するためにかつらをかぶるとき、必ず境目の日があります。つまり薄かった日と濃くなった日です。会社などで日々顔を合わせていれば必ずと言っていいほどばれるでしょう。どうしてもばれたくないなら、少しずつ増やすなどが必要です。自毛植毛をするときにばれないようにしたい場合、医師に相談をしていろいろな方法を検討してみましょう。手術自体は方法が限られます。それ以前にどうするか、それ以降にどうするかです。手術前と手術後で変化が出ないようにすることで、ばれにくくすることはできるでしょう。それを提案してもらえます。

長期休暇や有給休暇をうまく活用する

日本人は、あまり休みを取らないとされています。有給休暇の消化もあまりできていない人が多いようです。自毛植毛の手術を行ったとき、方法によってはしばらく腫れたり、赤みがあったりします。見た目には結構わかるので、ばれてしまうことがあります。ばれないようにするなら、長期休暇や有給休暇をうまく活用しましょう。5月の連休、お盆、年末年始などです。有休も使えば、2週間程度休めることもあるでしょう。2週間もあれば腫れは治まりますから、違和感なく会社でも振る舞えます。年末などは混み合うでしょうから、事前に予約をしておく必要があります。

まとめ

自毛植毛手術は、移植手術になります。そのため変化が生じます。ばれないようにしたいなら、医師に相談をしていろいろな方法を提案してもらいましょう。少しずつ行ったり、ばれにくい手術方法を選択するなどがあります。




このページの先頭へ