薄毛とたばこは因果関係関係があるようです | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

薄毛とたばこは因果関係関係があるようです

ますますグローバル化する現代のビジネスで働くということ自体が大きなストレスですが、それで、頭が薄くなっている人もいます。実は私もそのうちの一人ですが、ストレスだけではなくて、どうやら薄毛とたばこは因果関係関係があるようです。

AGA治療法は、大別すると二種類です

ビジネスマンたちのあいだで評判の流行語があります。AGAにならないように気を付けましょうというのが、それです。AGAとはかなり難しい英語の略号ですが、日本語では「男性型脱毛症」と翻訳されています。本家のアメリカでも、AGAに悩める男性が続出していますが、とくに西暦2000年あたりから、AGAの研究が盛んになされるようになりました。アメリカでは、さまざまな治療法が開発されていますが、それが、遠く離れた日本まで伝来してきています。AGA治療法は、大別すると二種類です。すなわち、飲み薬を使う方法と、植毛を使う方法との二種類です。

薄毛にだってなりたくないというのが

ところで、これは、つい最近ネットで知り得た情報ですが、どうやら薄毛とたばこは因果関係関係があるようです。気になり、職場などの周囲を見回してみると、明らかに、喫煙者のほうが、髪の毛が薄い人たちが多いです。たばこといえば、肺がんなどの直接要因となることで恐れられていますが、そればかりではなくて、AGAに対しても大敵だそうです。こんなわけで、喫煙者が禁煙を決意するのが、ひとつの流行にさえなってきています。肺がんになりたくないのはもちろんですが、薄毛にだってなりたくないというのが、正直な気持ちでしょう。

自分に一番適切な専門医を見つける

薄毛といっても、多少髪の毛が薄い程度ならば我慢もできます。ですが、円形脱毛症のように、ストレスで、頭のてっぺんを中心として、髪の毛が一瞬にして、ごっそりと抜け落ちたとしたらどうでしょうか。そのショックは想像するに余りあります。こうなると、自分で悩んでいないで、専門医の診察を受けるのが一番の早道です。ストレスからくる抜け毛対策と、喫煙からくる抜け毛対策とでは、とうぜんですが、まったく別の処方せんを渡されることが多いです。一人で悩んでいるくらいならば、ネットなどを利用して、自分に一番適切な専門医を見つけることです。

まとめ

薄毛になる理由の一番はおそらくストレスでしょうが、それ以外にもたくさんあります。たばこを吸うことも、AGAの原因になり得るそうです。一人で鏡を覗き込みながら悩んでいるよりも、すぐに、専門医の診察を受けるのがよいです。




このページの先頭へ