術後の症例などを確認して相談をする | 自毛植毛失敗|名医がいるクリニックで安全な植毛手術

術後の症例などを確認して相談をする

手術をした後にどうなるかを知らずに手術を受けるのはあまりよくありません。自毛植毛では、メスを使うと傷が残る場合があります。術後の症例を確認して方法を選択しましょう。目立つ方法もあれば、ほとんどわからない方法もあります。

髪の毛で隠すことができるので心配は少ない

美容整形で切るタイプの手術を行ことがあります。リフトアップなどは、余計な皮膚を切って縫合します。すると顔に傷がつきそうですが、うまく生え際などに行うことで目立たなくすることが可能です。自毛植毛の手術は、自分の頭皮から毛根を採取し、それを移植します。そのために、美容整形同様に傷跡が付くことがあります。髪の毛のある部分から採取をしますから、おそらくはその後に髪の毛がどんどん生えてきます。それによってほとんどわかることはありません。短髪などにすると見えることもありますが、嫌なら伸ばしておけばよいでしょう。

メスを使わない方法は跡もわかりにくくなる

自毛植毛の手術は、メスを使う方法とメスを使わない方法があります。メスを使う方法の場合、横一線などで毛根を採取し、それを移植します。そのために頭皮に横一線の傷跡ができます。縫合するため後からもわかります。一方メスを使わない方法は、パンチと呼ばれる器具を使って毛根を一つずつ採取します。全く傷ができないわけではないですが、非常に小さい傷で、時間の経過とともに通常の皮膚に戻っていく方法です。術後は赤みがあるものの、しばらくするとその赤みも落ち着いてきます。短髪などにしても、ほとんどわからない状態です。

目立ちにくい縫合方法を採用する場合

けがをしたり手術をしたとき、治療としてその部分を縫合することがあります。その後に抜糸をするかしないかでも異なりますが、大きな傷の場合はどうしても傷跡が残りやすくなります。自毛植毛の治療を行うときも、メスを使うタイプの場合は大きく残ってしまうことがあります。短髪などにすると、かなり目立つこともあります。それを防ぐ方法として、傷の部分を隠すようにして縫合する方法があります。通常、毛を採取するとその部分から毛が生えないので目立ちます。一方、他の毛根の下に傷跡が来るように縫合することで、目立たなくできる方法があります。

まとめ

自毛植毛では、一般的にはメスを使う方法が取られ、採取した部分の傷が目立つ場合があります。メスを使わないタイプの方法なら、横一線ではなく毛根ごとの採取なので傷は目立ちません。将来的には消えます。




このページの先頭へ